お客様に衣類とクリーニングをもっと知って頂きたい!!

「ジ・アフタ6月号」配布中です

☆2013年4月

「ゆく春に、クリーニングで、エコしよう!」

・桜前線の後を追うように、南から北へと過ぎゆく春。

 この時期は、春のフッションに気をとられ、

 冬物のお手入れはおろそかになりがちです。

 でも、冬服をいたわってリユース(再利用)に備えておくのが

 エコロジカル。クリーニングを済ませて防虫対策も施しましょう。

 

☆2013年3月

「風合いを、仕舞い洗いで、取りもどそ!」

・桜前線は三月半ばに上陸、日本列島をゆっくり北上します。

 その動きに合わせるかのように、冬服の「仕舞い洗い」も進みます。

 寒い間着続けて溜まった汚れを取り除き、新品の風合いを回復しておけば

 来シーズンまで安心。

 お気に入りのファッションがまた楽しめます。

☆2013年2月号

「長生きを、クリーニングで、する衣服」

・衣類の寿命は、素材や加工、着用の仕方や手入れ方法

 などによって異なります。

 また、個人的・社会的な事情もあるので、取得から廃棄

 までの期間は千差万別です。

 それでも、衣服をいたわって長く活用するのが「エコロジカル」

 そのための方法などを理解しておきましょう!

☆2013年1月号

清潔な、ほど格好いい、ウォームビズ

・8度目の冬を迎えた「ウォームビズ」

「寒い時は着る」

「過度に暖房に頼らない」という原点にたち

 今年も「暖かくて格好いい」ビジネスウェアを提唱しています。

  でも折角のウェアも、お手入れを怠ると効力減退・・。

 クリーニングで「暖かくて格好いい」ウェアに

 パワーアップしてみましょう!

☆2012年12月号

し忘れた、クリーニングも、出す師走

・「師走」は12月の別名。一説に僧(師)が

 忙しく走り回るところからとも言われています。

 いかにも年の暮れらしい感じの月名ですね。

 でも、「師走」だからと言って「し忘れて」

 はいけないのがクリーニング!

 「今年の汚れは今年のうちに」

☆2012年11月号

あたたかく、クリーニングで、なる衣服

・木枯らし、時雨、小春日和・・・。

 そんなリズムを繰り返しながら寒さが増すと、

 保温力のある衣服が活躍し始めます。

 でも、衣服の保温力は、汚れの付着で減衰し

 よごれの除去で回復するもの。

 クリーニングで温かくして過ごしましょう!

☆2012年10月号

衣替え、夏着た服は、洗っとこ!」

・10月は秋の衣替え。。

 木々は「紅葉」、おしゃれ心は「高揚」

 その一方で、夏に着た衣服の後始末はおろそかになりがちです。

 でも、厳しい残暑が終わるまで良く頑張った夏服たち。

 クリーニングで汗や汚れを落とすなど、疲れをいたわってあげましょう!

☆2012年9月号

汗などの、夏の汚れに、効くダブル!」

 襟周りの「黄ばみ」原因「皮脂汚れ」

・汗を吸いこんだ衣服は、他の汚れと一緒に汗もしっかり落しておきたいもの。

 そのままにしておくと、黄ばみ・黒ずみの原因になります!

・その夏の汚れに効果的なのが、ドライ&ウエットの「ダブルクリーニング」

・油溶性の汚れを除去した後に、水溶性の汚れも落します!  等。。。

☆2012年8月号

汗おとし、ゆかた洗いも、する残暑。。。」

・立秋のあと、まだ残る暑さが残暑。文字通り夏本番の暑さが残っています。

 また、汗のしみ込んだ衣服に残っているのは塩分や皮脂。

 汚れたままにしておくと、それらの残留成分で重くゴワゴワになり、

 いやな臭いも発します。

 ゆかたもクリーニングに出しましょう!

配布中の2月号です!残り少ないですよ!
配布中の2月号です!残り少ないですよ!

ファッションの品質を考える「ジ・アフタ」

 

2月号の気になる内容は。。。。

表面・特殊品、靴もブーツも丸洗い

裏面・ストレッチ素材の基礎知識について 

   はがれてしまった特殊プリントについて

★好評の「読者プレゼントコーナー」もありますよ!